« 波の塔 | トップページ | 武士道残酷物語 »

黒い福音

黒い福音 黒い福音
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

小説キャスティング、NO,2

松本清張、昭和34年-35年、週間コウロン連載

映像化されていない。 

あらすじ

救援物資の横流し、麻薬の密輸から殺人事件まで、“神の名”のもとに行われた恐るべき犯罪の数々。日本の国際的な立場が弱かったために、事件の核心に迫りながらキリスト教団の閉鎖的権威主義に屈せざるを得なかった警視庁――。現実に起った外人神父による日本人スチュワーデス殺人事件の顛末に強い疑問と怒りをいだいた著者が綿密な調査を重ね、推理と解決を提示した問題作。

●神学生トルペック-30歳(アンソニー・パーキンス)

  教会の付属幼稚園保母である生田世津子と戒律を破り、情交を重ねる。日本語はおぼつかない。

●ルネ・ピリエ神父-45歳(スティーブン・セガール)

  グリエルモ教会の中では一番日本語に堪能。 江原ヤス子宅にて聖書を共同翻訳している。

●江原ヤス子-36歳(団令子)

  教会信者、ビリエと情交を重ねる。自宅はヤミ物資の秘密の拠点であり、神父が一般人にすり替わる隠れ蓑となっている。

●マルタン管区長-55歳(マーチン・ランドー)

  グリエルモ教会の最高指導者

●ゴルジ神父-40歳(ドナルド・プレザンス)

  渋谷教会神父、教会組織の運営資金調達のため、物資の闇取引を影で操る。

●マルコーニ神父-45歳(マーチン・バルサム)

  クリエルモ教会の会計担当、国際密輸組織とつながっている。会計の仕事はトルベックに引き継がれる。

●ジョセフ神父-35歳(チャールズ・ブロンソン)

  グリエルモ教会で唯一、闇取引の悪事を悔やむ正統派。煙たがられ、管区長により左遷される。

●田島-30歳(堺左千夫)

  信者のひとり、砂糖横流しのリーダー、教会が警察の捜査を逃れるために、罪をかぶって自主する。 その後教会に復帰。

●岡村-50歳(谷晃)

  信者、工場経営、生田世津子を殺害する手助けをする。

●坂口良子-23歳(坂口良子) ●齊藤幸子-22歳(万里昌代)

  教会付属幼稚園の保母、トルベックにセクハラを受けるが彼を非難しない。

●生田世津子-25歳(若尾文子)

  信者で保母、トルベックと熱愛関係。ある事情により、トルベックに誘われてスチューワーデスになる。 その後殺害される。

●ランキャスター-35歳(ショーン・コネリー)

  イギリス人、国際密輸団の日本在住黒幕、教会組織を資金面で牛耳る。

●齊藤警部-45歳(加藤大介)

  警視庁捜査一課、捜査リーダー。

●藤沢刑事-42歳(田村高廣) ●市村刑事-24歳(江原達治)

  捜査一課ベテラン20年のキャリア刑事と新米刑事

●本庁捜査一課長・新田(志村喬)

●本庁刑事部長(中村伸郎)

●警視総監(柳永二郎)

  トルベックが国外逃亡することを事前に承知していた。

●佐野記者-32歳(地井武男)

  藤沢警部とともに最後まで事件を追う、社会部新聞記者。

------------------------------------------------

・外国人俳優の出演料だけで、何十本もの映画が出来るだろう。

・セガールの大阪弁は直してもらう。

・小説は「刑事コロンボ」とおなじ倒叙形式。映画もそうする。

・したがって前・後編の2本立てとしてもよい。

  

  

|

« 波の塔 | トップページ | 武士道残酷物語 »

小説キャスティング」カテゴリの記事

コメント

アンソニー・パーキンスが犯人ですか・・・納得です。
セガールは奥様が日本人だったのですよね。
以前、「踊るさんま御殿」に出て、流暢な日本語を
披露していました。
神父による殺人とはおぞましい犯行ですね。

投稿: マーちゃん | 2008年4月 6日 (日) 09時18分

マーちゃん。おはようございます。
実際に映画にするなら、パーキンスはいないのでトム・クルーズがいいかもしれません。ギャラは高いですが。笑
セガールはほんとう、適役です。日本語のシーンが多いのです。
監督は黒澤がいいです。「悪いやつほどよく眠る」のタッチ。
結局事件は解決しません。
黒澤特集で「悪いやつ」観てくださいね。もどかしいんですよ。

投稿: スタンリー | 2008年4月 6日 (日) 09時56分

下のスポサードリンクに聖書・教会関係が出ていて笑ってしまいました。プロバイダで自動的に入るんです。

投稿: スタンリー | 2008年4月 6日 (日) 10時15分

お得意の架空キャスティングですね。
原作は恥ずかしながら読んでませんが、キャストのイメージだけでもなんとなくイメージが伝わってきます。相変わらず玄人っぽい
ですね(笑)。

投稿: バルおばさん | 2008年4月 6日 (日) 12時22分

パルさん。こんにちは。
頭の中でプロデューサーと監督を楽しんでいます。
清張の小説は5年ごとに読んでいます。
キャスティングの楽しさを知りました。
映画の仕事、やってみたいですね。

投稿: スタンリー | 2008年4月 6日 (日) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/12329579

この記事へのトラックバック一覧です: 黒い福音:

« 波の塔 | トップページ | 武士道残酷物語 »