« パニック・ルーム | トップページ | 明日への遺言 »

錨を上げて

錨を上げて DVD 錨を上げて

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

洋画メモ、NO,26、ワンコインDVD

1945年、MGM、テクニカラー、スタンダード、色に滲みの箇所あり。

原題- ANCHORS AWEIGH

監督- ジョージ・シドニー、音楽- ジョージ・ストール、撮影- ロバート・フランク、チャールズ・A・ボイル

出演- フランク・シナトラ、ジーン・ケリー、キャスリン・グレイソン、

ホセ・イトゥルビ、ディーン・ストックウェル

-----------------------------------------------

ミュージカル紹介映画「ザッツ・エンタ・・・・」でこの映画が出てきて、ジーン・ケリーが「トムとジェリー」のジェリーと踊っているシーンが印象にあり、かなり以前からこの映画の存在は知っていた。

水兵二人が休暇で上陸する話で、同じ状況は後年の「踊る大紐育」でもあった。ただし、この映画は「踊る・・」より制作費がかかっていると思われる。

例によってMGMのミュージカルは他愛のないストーリーで、私には少々眠くなることもある。しかし、シナトラの歌やケリーのダンスシーンで眼が元気になってくる。

ホセ・イトゥルビというラテン系ピアニストが本人役で出演しているが、私はこの人は全く知らなかった。 映画では粋で物分りの良い人物を好演している。

イトゥルビのピアノ演奏は少しアクがあり、当時クラシックピアノ界は、ロシア系や東ヨーロッパ系が幅を利かせていたので、蚊帳の外の人だったかもしれない。

彼の本国スペインでは「ホセ・イトゥルビ、ピアノコンクール」が開催されていることもウィキペディアで知った。

ケリーとジェリーのダンスシーンは当初ミッキー・マウスがやることになっていたが、ディズニーからあっさり断られたという。しからば、同じMGMのキャラクターのネズミのジェリーに、ということでハンナとバーバラにまかせられた。

ハンナとバーバラもライバル意識があるから、張り切ってやったと思う。

私はディズニーのキャラクターはあまり好きではないので、ジェリーでよかった。

この映画に出るジェリーは、ケリーと踊るためにかなり大きなサイズとなっているが、アニメートはケリーのダンスをロト・スコーピングしていると思われ、足腰の動きは、なまめかしく、細かい。 ジェリーのカワイイ声がはっきり大きな声で聞こえ、セリフも長い。 トムはジェリーにチーズを運んでくる給仕の役で、セリフも無く、ワンカットのみの出演。

イトゥルビの出演シーンに、数十台のピアノによる「ハンガリアン・ラプソディー」の演奏があるが、私はああいうことは好まない。 ピアノという楽器は音階がデジタルで、同音を叩くとき音がずれると目だってしまう。時には不協和音を発生してしまう。 ピアノの合奏は3台が限界だと思う。

この映画で気がついたことは、カルロス・ラミレスという声楽家が「セビリアの理髪師」を歌っていることで、彼は同時期、制作されたテックス・エィブリーのアニメ「へんてこなオペラ」のPoochiniの歌も吹き替えているのではないか、ということだ。私の耳には同じ声に聞こえた。 

このアニメはエィブリーの最高傑作だと私は認めているが、まさか歌っている本人が見れるとは思ってもみなかった。 アニメのシーンを思い出して笑ってしまった。

- 「へんてこなオペラ」 -

http://jp.youtube.com/watch?v=piAaKs8sIvQ&feature=related

もうひとつ、推測だが、アカデミー賞受賞のトムとジェリーの「CAT CONCERT」のトムの演奏、ハンガリアン・ラプソディーはイトゥルビがやっているのではないだろうか。演奏スタイルがなんとなく似ている。

「雨に歌えば」はトーキー映画黎明期の舞台裏を見せてくれるが、この映画では1945年当時のMGMの映画スタジオを見せてくれて、ファンにはうれしい。

大きなテクニカラーカメラがよく分かる。それを乗っけるクレーンの大仕掛けがよく分かる。いかに当時の日本の映画技術が遅れていたかがよく分かる。

追記: 

ジーン・ケリーによる、スタントなしの実に危険なシーンが見物のひとつだ。

|

« パニック・ルーム | トップページ | 明日への遺言 »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

これがワンコインとは嬉しいですね。アマゾンで在庫をチェックしたら有!でした。これだけだと送料を取られるので、ほしいDVDがまとまったら注文します。
ジェリーもミッキーもネズミですね(笑)。ジェリーは大きくなってケリーと踊るのですか。特大ネズミですねぇ。ちょっと恐いかも・・・・。トムさんはチョイ役、それも給仕とは・・・タハッ。

投稿: マーちゃん | 2008年4月29日 (火) 20時55分

マーちゃん。こんばんは。
そうなんです。ジェリーは猫なみの大きさなんです。
シナトラは女性に告白できない小心者をやっていますが、いつものタイプですね。ケリーはその指南役です。
ドルーピーやスパイクも出てくればもっと面白かったですね。笑


投稿: スタンリー | 2008年4月29日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/20642678

この記事へのトラックバック一覧です: 錨を上げて:

» トムとジェリー [マエストロ時津英裕のブログ]
 僕が子供の頃、テレビでは毎日のように「トムとジェリー」が放送されており、毎日夢中で見ていた。飛びぬけて評価が高いハンナとバーベラ制作の1940〜50年代の作品は、絵の美しさ、音楽の素晴らしさなど、まさに「芸術」と呼べる素晴らしいものであった。幾度とな .. ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 2日 (金) 16時40分

« パニック・ルーム | トップページ | 明日への遺言 »