« ロケッティア | トップページ | ビルマの竪琴 »

天空の城ラピュタ(英語版)

天空の城ラピュタ DVD 天空の城ラピュタ

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2002/10/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

邦画メモ、NO,22、ユーチューブ

英語題- LAPUTA Castle in the sky

-------------------------------------------

著作権問題があり、ユーチューブで映画を観るのは後ろめたいが、ついつい、全編観てしまった。 ただし、画面は小さく、左右が圧縮されいるうえに、約10分ごとに細切れで再生しなければならない。

おまけに録音の音圧が低く、かなり音量をあげても聞き取りにくかった。

英語版を観て気が付いたこと。

パズーもシータも声優の声がかなり大人っぽいということ。 

日本版では二人とも女性の声優であったが、日本人の耳には二人のキャラクター年齢に合っていたと思う。

そして、もっとも大きな違いは、音楽が再演奏、再録音であったことだ。

かねてから、ジブリ作品の海外公開版の音楽は違っていると聞かされていた。

たとえば、「魔女の宅急便」では、松任谷由実の唄は完全に外されて、違う音楽に差し替えられている。 これも今回、ユーチューブで確認することが出来た。

さて、ラピュタ。  日本版ではシンセサイザーが多用されている。 それが英語版では、オーケストラのアコースティックな音に変更されていた。

鉱山の中での飛行石の微かな発光シーンの、ちょっとアラベスク的な音楽は、オリジナルはシンセサイザーを使っているが、英語版では、鉄琴か、あるいはチェレスタのような楽器で演奏されている。

基本的に久石氏のスコアに忠実であるが、ところどころ違った音が入れてあって、私には多少耳障りな部分があった。 

  追記:海外版の音楽も久石氏の編曲であった。

ただし、演奏はすばらしかった。かなりうまい楽団を使ってダビングされている。

シンセの音は、私には苦手で、この映画でもユニークなフライイングマシーンの飛行シーンのバタバタした音楽は耳が痛かったので、英語版のオーケストレーションの音楽は耳に優しく感じられた。

パズーが自宅の屋根で、朝もやの中、トランペットを吹くシーンも、新しく演奏されていて、ペットの音はオリジナルの演奏よりうまいが、ちょっと無機質な感じでもあった。 そしてそれにはなんと、ハープの伴奏がつけてあった。  再録の音楽監督はペットだけでは物足りないと思ったのだろう。

また、オリジナルに無い、新たな曲が挿入されている場面もあった。

これにはちょっと問題のシーンがある。

パズーとシータのグライダーがラピュタの廻りの猛烈な嵐をかいくぐって、城に不時着するところは、オリジナルでは音楽が無い。無音である。 ただ「バサッ」という効果音のみだ。

これは、ありきたりな表現であれば、嵐のあとの静けさであり、辺りに霧もただよっているので、よく登山のとき体験する、無風時の静けさといってもよい。 

ここは、私の好きなシーンなのだが、静けさを理解する日本人にも分かりやすいシーンだと思う。静寂であるがゆえ、ロボットの歩く音「カラン・ポロン」がさびしく聞こえて、これがいいのだ。

ところが、向こうの人たちは音が鳴っていないのは我慢ができないらしい。 私には無意味に感じる音楽が入れてあり、ここの雰囲気がぶち壊しといってもよかった。

その後も、城の部分では、弦楽四重奏のごとき音楽がずーと流れていて、私にはうるさかった。

ラストの唄と演奏はオリジナルどおりであった。 あのメロディーと詩はすてきなので、英語吹き替えでアチラの歌手で歌ってもよかったのでは。

「となりトトロ」の英語版では、「トトロのテーマ」と「さんぽ」もちゃんと英語で歌っている。  ただし歌詞の内容はちょっと違うようだが。

|

« ロケッティア | トップページ | ビルマの竪琴 »

邦画メモ」カテゴリの記事

コメント

お~、流石の音楽解説ですね。オリジナルはTVで観ました。
ユーチューブで全編を観る事が出来るのですか!!え~、あれって3分ぐらいしか再生出来ないものだと思っていました。スタンリーさんは音響にお詳しいから、もしかしてPCにスピーカーとかをつなげているのですか?字幕なしで、ご覧になったのですか?

投稿: マーちゃん | 2008年3月19日 (水) 23時31分

マーちゃん。こんばんは。
ユーチューブは10分再生が限界のようですね。
それで、この映画はパート13まで分割してあります。
パソコンはオリジナルのステレオスピーカーのままです。
字幕はないのですが、だいたいオリジナルと同じセリフだと思います。
飛行石は単なる「クリスタル」と言っていました。
パズーの言っていることがよく分かりませんでした。
私のヒヤリングはこんなものです。

投稿: スタンリー | 2008年3月19日 (水) 23時58分

日本語版は「琴井初江」(でしたよね)に尽きると思うがどうなっちゃうんだろう?。

投稿: ロンリー・マン | 2008年3月22日 (土) 12時08分

逆で「初井琴江」の間違い、すんません。

投稿: ロンリー・マン | 2008年3月23日 (日) 02時07分

ああ。ドーラの声の人ですね。
かなりベテランの女優さんだと思いますが、顔に心当たりがありません。
どんな映画に出演していましたでしょうか。

投稿: スタンリー | 2008年3月23日 (日) 10時04分

初井琴江、旧日活の数々の作品で名脇だったと思います。声に張りがありましたね。普通のおばさんでアメリカだとセルマ・リッターのような。

投稿: ロンリー・マン | 2008年3月23日 (日) 10時18分

ロンリー・マンさん。こんばんは。
日活の女優さんで名脇役だったんですね。
私の少ないフィルモグラフィーでは、特に日活が少ないですね。
これから注意して観ていきたいと思います。

投稿: スタンリー | 2008年3月23日 (日) 21時02分

今晩は。
数日前、地上波でヒッチコックの「裏窓」が放映されお手伝いのセルマ・リッターの吹替えか初井琴江ではないですか!。3/23のコメントがインチキでなくほっとしました(笑)。ただ天空ほどはアクは強くなく少しおとなしかったけど。流石、彼女はベテラン、工夫がありましたね。もっとも収録はかなり前でしょうが。あーあ、ほっとした。

投稿: ロンリー・マン | 2008年6月 9日 (月) 21時43分

今晩は。
数日前、地上波でヒッチコックの「裏窓」が放映されお手伝いのセルマ・リッターの吹替えか初井琴江ではないですか!。3/23のコメントがインチキでなくほっとしました(笑)。ただ天空ほどはアクは強くなく少しおとなしかったけど。流石、彼女はベテラン、工夫がありましたね。もっとも収録はかなり前でしょうが。あーあ、ほっとした。

投稿: ロンリー・マン | 2008年6月 9日 (月) 21時43分

今晩は。
数日前、地上波でヒッチコックの「裏窓」が放映されお手伝いのセルマ・リッターの吹替えか初井琴江ではないですか!。3/23のコメントがインチキでなくほっとしました(笑)。ただ天空ほどはアクは強くなく少しおとなしかったけど。流石、彼女はベテラン、工夫がありましたね。もっとも収録はかなり前でしょうが。あーあ、ほっとした。

投稿: ロンリー・マン | 2008年6月 9日 (月) 21時45分

今日のココログは変です。3回も送信していませんし、あれだけで30分かかっています。悪しからず。これも3回行くのかしら!。

投稿: ロンリー・マン | 2008年6月 9日 (月) 21時51分

ロンリー・マンさん。こんばんは。
そうですか。「裏窓」の吹き替えに初井琴江さんが出演されていましたか。スチュアートの声だと、どなたですかね。昔は浦野光さんも担当されたと記憶しています。彼はミッチャム専属でもありますが。
初枝さん、ドーラの演技もウマイですね。
飛行船のメカを担当しているジイチャンは最近テレビで素顔を拝見しました。
天才バカボンでレレレのおじさんをしていた人ですね。

投稿: スタンリー | 2008年6月 9日 (月) 22時02分

ロンリーマンさん。すみませんでした。
ココログは時々オカシクなります。
スパム防止の欄は現在は、はずしていますが、
古いページはコマンドが保持されていますね。
お手数をおかけします。

投稿: スタンリー | 2008年6月 9日 (月) 22時06分

どんまいですよ。

投稿: ロンリー・マン | 2008年6月 9日 (月) 22時21分

再送。
どんまいですよ。

投稿: ロンリー・マン | 2008年6月 9日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/11521684

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城ラピュタ(英語版):

« ロケッティア | トップページ | ビルマの竪琴 »