« ローゼンマン逝く | トップページ | サイコ »

江分利満氏の優雅な生活

【送料無料選択可!】江分利満氏の優雅な生活 / 邦画 【送料無料選択可!】江分利満氏の優雅な生活 / 邦画

販売元:CD&DVD NEOWING
楽天市場で詳細を確認する

邦画メモ、NO,21、NHKBS

1963年、東宝、シネスコ、白黒、画質良、102分

監督- 岡本喜八 、原作- 山口瞳、 脚本- 井出俊郎

撮影- 村井博、 音楽- 佐藤勝、

主演- 小林桂樹、新珠三千代、東野英治郎、中丸忠雄、

ジェリー伊藤、江原達治、天本英世

---------------------------------------------------

この映画をNHKで放映するのは大問題であると感じた。

原作を読むと、実際の商品名やメーカー名がゾクゾクと出てくる。 それがまた私小説としての面白みを出しているのだ。

映画でも、一応看板では、ニッカ、サントリーなどの競合している会社のが出てくるが、別にタイアップしているわけではないようだ。

江分利がバーで酔ってウンチクを傾けるが、たしか原作でも次の傑作なセリフがあった。

「カルピスの薄いやつを口に入れたときの気持ちは、山手線の田端から巣鴨へ抜けるときの索漠とした感じに似ている」・・・・ (セリフに間違いがあるかもしれない)

この「カルピス」が完全に音声を消されていた。 このセリフの手前から、「初恋の味カルピス」とあるが、この時点から消されているので、視聴者はシラケテしまう。

他にも、「グリコ、一粒300メートル」というのがあるが、これもグリコを消されていた。

こういう傷物を放映すべきではない。 これはシネスコサイズの映画の両側をチョン切って、4:3のテレビ画面で放映するに等しい、ばかげた行為だ。

NHKは、映画の中に差別用語や死語が入っている場合は、ことわりをテロップで流すが、音声をカットするくらいなら、放送せぬほうが良い。

商品名を消された「江分利満の優雅な生活」は、ビデオテープ収録された時代劇ドラマのセットのような、索漠とした感じに似ている。

|

« ローゼンマン逝く | トップページ | サイコ »

邦画メモ」カテゴリの記事

コメント

NHKは「ゴールデン・ウィーク」とは絶対に言いません。「大型連休」がNHK流です(笑)。かたくなですよ~。紅白歌合戦では、かぐや姫「神田川」のクレヨン、百恵ちゃん「プレイバック・partⅡ」の真っ赤な車というのがありましたね^^;

投稿: マーちゃん | 2008年3月 8日 (土) 18時06分

マーちゃん。こんばんは。
「真っ赤なクルマ」だとまだ唄のリズムに合いますが、
ロールスロイスだったらどうしましたかね。笑
ラジコンヘリも無線操縦ヘリになりますね。
唄や映画はNHKが作ったわけではないので、こういう
小細工は見苦しいです。
「江分利・・・」は岡本監督のゲバゲバ90分です。
ちょっとやりすぎの感がありますがアニメもあって楽しいです。

投稿: スタンリー | 2008年3月 8日 (土) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/11074797

この記事へのトラックバック一覧です: 江分利満氏の優雅な生活:

« ローゼンマン逝く | トップページ | サイコ »