« ゴジラのことなど | トップページ | 独立愚連隊西へ »

モーツァルト交響曲41番のことなど

スコア モーツァルト 交響曲第41番 Book スコア モーツァルト 交響曲第41番

販売元:全音楽譜出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょっと酔っ払って、久しぶりにステレオで、モーツァルトの「ジュピター」を聞く。

手前味噌であるが、私のオーディオシステムは、いかに安い予算で最良の音を出すか、に工夫したもので、全費用20万円位であるが、100万円クラスの音がしていると自負する。

その仕掛けは簡単なもので、安いプリメインアンプの全く同じメーカー、同じ機種のものを2台準備して、おのおの、片チャンネルのみ使用するというものだ。

こうすると、シングルアンプと同じ効果があり、歪の少ないピュアな音質となるのだ。

聞くCDはウィーンフィル、バーンスタイン指揮のモーツァルト交響曲41番「ジュピター」。

録音はDDDのデジタル録音である。(別にデジタル信奉者ではないので念のため)

この場合、よりピュアな音を楽しむにはアンプのスイッチをソースダイレクトとする。

ただし、ソースダイレクトで聞くにはボリュームの位置を11時以上にしなければ、低音が貧弱となる。

しかも2台のアンプのボリュームは右と左、適正の位置にセットする必要がある。

これで、マッキントッシュやJBL、マランツに負けない音が出る。

「ジュピター」の第四楽章に毎回、涙してしまう。

モーツァルト最後の交響曲であり、たった2週間で作曲された。

どう考えても神様が作らせたとしか思えない。

神さまは、天国にモーツァルトが必要であると感じたのであろう。

地上の人々に与えるシンフォニーはこの曲を最後にして十分と思ったのか、以後、彼にシンフォニーを作曲させず、3年後にモーツァルトを、アチラに連れていってしまった。

だから、特に第四楽章には、神がかり的なパワーを感じる。

フーガで繰り返し奏される「ターラーラー」という音は、力強い祈りの声の洪水と言ってもいい。

どのような宗教にも悪魔や、邪悪な神が存在するが、この曲を聞けば、すべて退散するだろう。

エクソシストや霊能者による除霊など必要ない。この曲を大音量で流せば済むことである。

人生に悩んでいる人、うまくいっていない人もこの曲を第一楽章から聴いてほしい。きっと力が湧いてくるはずだ。(第40番から聞けば尚よろしい)

最後、ホルンが高らかと鳴る。

悪魔よ、思い知ったか。我々の勝利であるぞ。(マダ酔っている)

|

« ゴジラのことなど | トップページ | 独立愚連隊西へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/9750338

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト交響曲41番のことなど:

« ゴジラのことなど | トップページ | 独立愚連隊西へ »