« 怪獣大戦争 | トップページ | その後の「猿の惑星」 »

続・猿の惑星

続・猿の惑星 DVD 続・猿の惑星

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

洋画メモ NO,8 NHKBS

1970年 20世紀フォックス 70ミリ?

原題- Beneath the Planet of the Apes

BENEATH ・・・ ~の下で

制作- アーサー・P・ジェイコブス、 監督- テッド・ポスト

撮影- ミルトン・クラスナー、 音楽- レナード・ローゼンマン

特殊メーク- ジョン・チェンバース

出演- ジェームズ・フランシスカス、 チャールトン・ヘストン

キム・ハンター、 リンダ・ハリソン

----------------------------------------------------

1971年ごろ映画館で観る。同時上映「MASH」。 

当時、前作を観ていなかったので、かえって印象にある。特にミュータントの血管の色。

前作のつなぎシーンにより、未来の地球であることは、最初からバレている。

この映画を観た後、一作目を観たくてしょうがなかった。

音楽の印象は、当時「コンバット」のマネしやがってと思っていたが、後になって同じ作曲家と分かり納得。同じ頃観た「ミクロの決死圏」もローゼンマン。みんな同じ感じの曲調。

監督のテッド・ポストは、たしか「コンバット」の何本かも演出していたと記憶する。

この映画だけロディ・マクドウォールが出演していない。スケジュールが合わなかったか。

リンダ・ハリソンは大根だと聞いたが、セリフがない芝居はかえって難しいのではないか。うまくやっていると思う。

宇宙船の乗り組み員が、前作からみんなひどい目に合うので気が滅入る。

ミュータントは人の心が読めるはずなのに、フランシスカス、ヘストンを信用しない。矛盾。

フランシスカス、ヘストン、猿軍とミュータント両方に襲われ、救われない結末。後味悪い。

ミュータントが教会で合唱するシーン、少し長すぎやしないか。

複数のミュータントがフランシスカスをテレパシーで詰問。 ミュータントの一人「太っちょ」が大変印象的キャラクター。 あれに睨まれるとチト怖い。 黒人俳優も見たことがある。 

核ミサイルのデザイン。 噴射口のフィンが稚拙。

過去の地球の遺跡のセットがなかなか良い。特に地下鉄。

核が炸裂し、画面をまっ白で終わらせる。逃げた結末と思われる。

少なくとも楽しい映画ではない。劇場を出たあと酒でも飲みたくなるのではないか。

|

« 怪獣大戦争 | トップページ | その後の「猿の惑星」 »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

私は昔、TVで観たのですが、内容を忘れていました。先日のBSで5話を観て、その面白さに魅せられました。1日で2~5話を一気に観たのですよー。猿シリーズのエンディングは後味が悪いですよね。だから、次を観たくなるのかもしれませんね。「続・猿の惑星」のラストは木っ端微塵~でしたものねー。

投稿: マーちゃん | 2007年12月 9日 (日) 09時08分

マーちゃん。おはようございます。
全部観ましたか。私はようやく1話残すのみとなりました。
なるほど、救われない話なので、次を観たくなるようにしたのですね。
でも拷問のシーンなどは、ウソと分かっていても嫌な気分でした。
仲良くできないものですかね。

投稿: スタンリー | 2007年12月 9日 (日) 09時23分

以前TVで観たのですが、今回のBS放送は見過ごしました。
 礼拝堂(?)で全能の神(核ミサイル)に向かって「秘めたる我を隠さず示さん」(だったかな?)と唱えながら、マスクを剥がして血管剥き出しの顔になるミュータントたちの場面は気持ち悪かったですね。

投稿: 雷おやじ | 2007年12月10日 (月) 23時21分

雷おやじさん。こんばんは。
中学生のとき、映画館で観ましたが、ミュータントの素顔は、ちょっとドキッとしました。
並んでいる俳優さんも、なにか異様な雰囲気でしたね。
ヘストンが撃たれて死ぬのもショックでした。

投稿: スタンリー | 2007年12月11日 (火) 20時22分

この続編の地下鉄のセットなんていいですね♪
正直、猿の惑星はどの作品も気が滅入る作りなんで、笑
ストーリーより、セットなんかの方に目が行ってしまいます。
コバルト爆弾という名前をはじめて知った映画でした。

コンバットもローゼンマンでしたか!知りませんでした。
エデンの東や宇宙大作戦。。ローゼンマン兄さんって結構
良い曲作ってますねぇ~。

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年12月13日 (木) 00時43分

ぱんだうさぎさん。おはんちわ。
このシリーズのマット画は良かったですね。
ハリソンがやったのでしょうか。
宇宙大作戦もローゼンマンとは知りませんでした。
「最後の猿の惑星」も彼でしたが、ちょっと曲調を変えていました。
「猿の惑星」のテレビシリーズもありましたが、印象がありません。

投稿: スタンリー | 2007年12月13日 (木) 10時41分

スタンリーさん こんにちは
すみません♪訂正です。
宇宙大作戦は宇宙大作戦でも映画版のスタートレックです。
クジラさんが出てくる奴です。
アメリカ横断ウルトラクイズのテーマ曲にもなったTV版の方は
アレクサンダー・カレッジでしたね。
どうもスタトレというより宇宙大作戦という方がしっくり来る
古い人間でございます。_| ̄|○  

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年12月13日 (木) 12時55分

ああ 現代の地球に来るヤツですね。
音楽は完全に忘れています。
テレビ、スタトレのテーマは空を飛んでいるような曲ですね。
私は映画版のゴールドスミスの曲も好きです。

投稿: スタンリー | 2007年12月13日 (木) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/9309850

この記事へのトラックバック一覧です: 続・猿の惑星:

« 怪獣大戦争 | トップページ | その後の「猿の惑星」 »