« 「コンバット」のことなど | トップページ | 赤毛 »

大阪城物語

特撮メモ、NO,11  NHKBS

1961年、東宝、シネスコ、カラー、95分、画質良、色合い・普通

原作- 村上元三、 脚本- 稲垣、木村武、 制作- 田中友幸

監督- 稲垣浩、 撮影- 山田一夫、 音楽- 伊福部昭

特技監督- 円谷英二、 特技撮影- 有川貞昌

出演- 三船、星由里子、市川猿之介、久我美子、山田五十鈴、田崎潤、

上田吉次郎、平田昭彦、他オールスター

----------------------------------------------------

オープニングで大阪城のオープンミニチュアをクレーンで撮影。

擬似空撮映像。 だが、ハイスピード撮影でなく、ミニチュア然としている。

大阪城ミニチュアは水を抜いた東宝プールに建造。

後半、大阪城での攻防戦にて、城からの火縄銃の一斉発射、

敵陣からの大砲の被弾をミニチュア撮影。 城の屋根などが吹き飛ぶ。 

ハイスピート撮影適切。 もうすこし速く回してもいいが。

オープン撮影なので、スタジオ感がなく、光の当たりも適切。

円谷にしては上質のシーン。

法要での合成は大仏のエッジのブルブルが気になる。

当時のレベルでしょうがないか。

南蛮船が港に停泊しているのはミニチュア合成。 標準的レペル

東宝のマット画やバックスクリーンの絵、特に空の雲などはどうも気合が入っているように見えない。 いっちゃ悪いが、銭湯のペンキ絵ではないか。

大阪城にかかる橋を三船が大爆破。

これもかなり大きいミニチュアセットを使って特撮している。

このシーンは迫力あるが、煙が多すぎた。

時代劇で気になるのは、大砲の砲弾が当たると爆発することで、

当時の弾は単なる鉄球なので、被弾炸裂はありえない。

大砲の戦術は門のカンヌキや塀の一部を破壊するものではないか。

もうすこしリアリズムで演出してもらいたい。

鉄砲を荷車に積んで適中横断。 三船の才覚が楽しい。「隠し砦の三悪人」のよう。

ラストシーンで三船に駆け寄り、抱きつく香川京子が愛おしい。

芯の強い女性が結局、男に寄り添い、ついていこうとするのは男心をくすぐる。

|

« 「コンバット」のことなど | トップページ | 赤毛 »

特撮メモ」カテゴリの記事

コメント

BSであったんですか?知らなかった~。残念。
観たことがないので是非観たかったですね~。
“ウエキチ”こと上田吉二郎っていいですよねぇ。
昔のこういった味のある脇役は好きですね。(^∀^)


投稿: ぱんだうさぎ | 2007年12月16日 (日) 22時36分

ぱんだうさぎさん。おはようございます。
円谷の作品集に、この映画が載っていましたので、録画しました。
怪獣物より、こういう目立たないものに数が多いんです。
ウエキチはいつもボカスカやられますね。笑

P.S.: ぱんだうさぎさんのブログに、またコメントできなくなりました。 私のパソコンのほうにトラブルがあるのかもしれません。

投稿: スタンリー | 2007年12月17日 (月) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/9423627

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪城物語:

« 「コンバット」のことなど | トップページ | 赤毛 »