« 巨泉・前武ゲバゲバ90分 の頃 | トップページ | 12人の怒れる男 »

鉄道員

NO,5   NHKBS

1956年 イタリア、白黒スタンダード 115分

日本公開1958年、

原題- II ferroviere

カンヌ映画祭国際カトリック事務局賞、キネマ旬報5位

監督- ピエトロ・ジエルミ

撮影- レオニーダ・バルボーニ  

音楽- カルロ・ルスティケッリ

お父さん- ピエトロ・ジェルミ   

お母さん- ルイーザ・デッラ・ノーチェ

ジュリア- シルヴァ・コシナ   少年- エドアルド・ネヴォラ

少年のアパート内の照明・撮影がすばらしい。 居酒屋も良い。

イタリア語が耳に心地よい。返事の意味はレスポンスと言っていた。

音楽は三拍子のシンプルなメロディー。 

ギター練習の課題曲として有名。

鉄道が走っているときの軽快な4拍子の音楽もよい。

少年は200人以上のオーディションで出演。

今は団塊の世代であろう。コロコロとしてかわいい。

お父さんジェルミはうまい演技。監督と知らなかった。監督・主演の撮影はだれがOKを出すのだろうか。撮影監督か。

お父さんは50歳の設定だが、本人は40歳であった。

電気機関車とSLの、あわや衝突寸前の撮影に驚いた。日本では絶対に許可されない。

ジュリアの女優さん。いいプロポーション。顔はソフィア・ローレンよりあっさりしている。

お母さんもうまい女優さん。基本的に美人。沢村貞子、アン・バンクロフト、マルタ・アルゲリッチに似ている。

イタリアのおっかさんというと、ステレオタイプで太ったイメージがあるが、そうではない。

お父さんの最後、みんながベットで看取る、平凡シーンを想像していたが、少年の淡々とした声による回想ナレーションで処理。 ジメジメせずうまい処理。

ただ、お父さんのギター、曲と指の動きがあっていない。 簡単な曲だからアフレコといえどもちゃんと弾くべきである。

お父さんがなぜストに逆らったか、理由が曖昧。 その彼を仲間が許すのも曖昧。

お父さんの死後から、その後の生活の描写。少年の淡々としたナレーション、アパートの階段で佇むお母さんの姿、少年の通学姿には、思わずウルウルする。

山本伸也氏とNHK氏の解説により、レンブラントライトという照明技法を知る。

45度上からのライト。 画家のレンブラントが使った技法。

お父さんの絶命シーンの照明、 隣の部屋のお母さんの幸福な顔のシーンの照明。

神さまからの光ということ。

|

« 巨泉・前武ゲバゲバ90分 の頃 | トップページ | 12人の怒れる男 »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

レンブライトライト、なるほど、全くそうですね。あの頃のイタリア映画は名作多かったですねぇ。
イタリア語やフランス語はほんと耳に心地よいです。

投稿: バルおばさん | 2007年10月27日 (土) 20時28分

パルさん。ありがとうございます。
この映画の白黒撮影がまたいいですね。
彫刻みたいです。
彼らには芸術センスがDNAに備わっているんですね。

投稿: スタンリー | 2007年10月27日 (土) 20時55分

これは、良い映画ですよねぇ。あのメロディも好きです。
イタリア人の男の子が、可愛い。お父さんに会うため、駅へ遊びに行くシーンが愛らしかったです。仕事一筋で頑固なお父さんと優しいお母さん。昔は普通の光景だったのでしょうね。お父さんの眠るような最期。あんな逝き方が出来ればいいなと思いました。照明ひとつをとっても、深い意味があるのですね。

投稿: マーちゃん | 2007年10月27日 (土) 21時39分

南北イタリアの違いがあるのかもしれませんが、
この映画の生活レベルや気質が、昔の日本に似てる気がして
妙に共感を持った覚えがあります。
ドイツ、イタリア、日本って三国同盟を結んだくらい
当時はわりと国民性が似てたんでしょうね。。。
今はチョット違いますが。。。笑

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年10月29日 (月) 22時18分

ぱんだうさぎさん。おはようございます。
谷しげるのギャグ。忘れてました。(笑)
亡くなったと思いますが、自ら命を絶った人もいましたね。
イタリア映画はあまり観ていない (テユーカ、洋画をあまり観ていないのです) のですが、敗戦国なので、1950年代までの映画は両国とも不機嫌なシーンが多いですね。いつもだれかと喧嘩しているような。
あ ピエトロ・ジェルミはカーク・ダグラスに似ていました。
企画当初はヘンリー・フォンダが演る予定だったとか。

投稿: スタンリー | 2007年10月30日 (火) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/8638779

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道員:

« 巨泉・前武ゲバゲバ90分 の頃 | トップページ | 12人の怒れる男 »