« 西部戦線異状なし | トップページ | 巨泉・前武ゲバゲバ90分 の頃 »

バンドワゴン BAND WAGON

バンド・ワゴン 特別版 DVD バンド・ワゴン 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/07/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NO,4   NHKBS

1953年、MGM、スタンダード、テクニカラー、色合い良い。

制作- アーサー・フリード、

監督- ビンセント・ミネリ

出演- フレッド・アステア、シド・キャーリー、オスカー・レヴァント

     リリー・マートン、ジェフリー・コートバ      

撮影中、アステアは監督・スタッフと、いろいろもめたという。

バンドワゴンとは行列の先頭の軍楽隊のこと。  

バンドワゴン効果という経済用語あり。

流行に右へ習えということらしい。

「ザッツ・エンタテインメント」の歌は有名。

何か足らないということで、30分でつくられた歌だという。 憂鬱を吹き飛ばしてくれる楽しい歌。

映画開始からセリフ、しゃべるシーンが多い。早口なので英語ついていけず。ヒヤリングの勉強に良い。

駅のホームは映画「ザッツ・エンタテインメント」のアステアの解説にて、ロケでなくにセットと分かっている。

アステア、ゲーセンでいきなり歌いだす。 タモリの心境再び。

あの当時のゲーセンのセット面白い。周りのエキストラの演技、タイミングが良い。照明によりカメラの影が写っているカットあり。

その他音楽・・・

「ビール大好き♪」、 「プランを変えなきゃ♪」、

「ルイジアナ・ヘイライド」

「TRIPLETS」・・・三つ子の歌・・・律動曲、

「ガールハント」・・・アンタッチャブル的話、ステージにカメラが入る撮り方、シーンが変わる。「赤い靴」的、映画で一番長い。 あまり面白くもないが、退屈でもない。

ニューヨークのショーが成功し、アステアへのサプライズバーティ、ちょっとウルウルする。

|

« 西部戦線異状なし | トップページ | 巨泉・前武ゲバゲバ90分 の頃 »

洋画メモ」カテゴリの記事

コメント

これはミュージカル・コメディですか?楽しそうな映画ですね。
ミュージカルはタモリさんの影響で、少し損をしているかも(笑)。
私は好きですけど、数はあまり観ていません。
『バンドワゴン』ですね、メモメモ。要チェック~。

投稿: マーちゃん | 2007年10月26日 (金) 17時53分

マーちゃん。ありがとうございます。
1976年ごろ、高校生のときヒットした、MGMのミュージカルをカンヅメにして紹介した、「ザッツ・エンタテインメント」の一シーンにバンドワゴンがありました。それで、ずっと気になっていた映画です。
アステアはジーン・ケリーのように派手ではありませんが、たいへんエレガントですね。
もし、「ザッツ・・・」が未見でしたら、こちらを先に観ることをお勧めします。その後「バンドワゴン」をどうぞ。

投稿: スタンリー | 2007年10月26日 (金) 20時05分

MGMミュージカルの代表作ですね。
ガールハントバレーは、ジーン・ケリーだったら
とも思いましたが、確かにエレガントでしたね。
ひさしぶりに「ザッツ・エンタテインメント」が
観たくなりました。あれも傑作ですね。。(^∀^)

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年10月26日 (金) 23時15分

ぱんだうさぎさん。ありがとうございます。
「ザッツ・・・」を思い出すと、ジェームズ・スチュアートもミュージカルやっていましたね。
アステア出演のシーンで、帽子掛けと踊るのが、すばらしかった。ジーン・ケリーの軽業とはまた違った、センスのあるダンスでした。
「ガールハント」のシーンはジーン・ケリーと競演だったら面白いでしょうね。やはりアステアの年齢を感じました。

投稿: スタンリー | 2007年10月27日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/8619603

この記事へのトラックバック一覧です: バンドワゴン BAND WAGON:

« 西部戦線異状なし | トップページ | 巨泉・前武ゲバゲバ90分 の頃 »