« ゴジラ 対 メカゴジラ 1974年版 | トップページ | ゴジラ 対 メカゴジラ 1993年版 »

日本人の好きなリズム

トータル・リコール DVD トータル・リコール

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 民放テレビ番組で、よくミステリー物、あるいはUFOなどの超自然物、自然災害、衝撃映像のドキュメンタリー特集に使われる音楽はだいたい以下の音楽である。

映画「トータルリコール」のテーマ・・・・・・ジェリー・ゴールドスミス

このテーマに使われてるリズム音の「カーン!」という音の打楽器は「椿三十郎」や「ウルトラQ」のオープニングに使われているものだ。 また芥川也寸志の「忠臣蔵」のテーマにも使われてる。

どうもこの音は日本人の脳幹に響くようで、「トータルリコール」のこの楽器のリズムを表現すると、こうである。

  ①   2   3   4   ①   2   3   4

  ♪      ♪       ♪    ♪  ♪

S・セガールの「沈黙の戦艦」の音楽も良く使われる。リズムはこうだ

        ①      2     3     4     

        ♪♪♪♪  ♪ ♪  ♪ ♪

このあたりの緊張感のあるリズムも、どうも日本人の耳に親しむようだ。

私が思うに、歌舞伎や芝居で鳴っている音やリズムが、日本人のDNAにインプットされてるためではないか。

他には「ブレードランナー」の規則的な16部音符の伴奏のエンドテーマも、衝撃映像特集のエンドミュージックに良く使われる。

あのテーマは、人間とは救われない物であるが、かといって、見捨てるわけにはいかない。 という意識を感じる。

追記:

カーペンター監督、音楽の「ハロウィン」のテーマもおなじみだ。この曲は犯罪の再現映像などに使われる。イライラする、カンに触るリズムが繰り返し鳴らされる。 5拍子というのが、不安感を煽るのだ。

          ①   2   3   4   5 

           ♪     ♪    ♪  ♪   

  

|

« ゴジラ 対 メカゴジラ 1974年版 | トップページ | ゴジラ 対 メカゴジラ 1993年版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばにゃ~
スタンリーさんは音楽への造詣も深いんですね。スゴイなぁ~
私は前からよく記事にも書くんですが、ゴールドスミスの
スコアがマイナーな曲まで含めてもの凄く好きなんですよね。
トータル・リコールは近年では数少ないポピュラリティの
あるテーマでしたが、そういう秘密があの曲にはあったんですね。
それと「トータル~」ではエスカレーターで人間を盾に
銃撃戦を展開するシーンのスコアが異常に好きですね。笑

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年9月23日 (日) 21時43分

ぱんだうさぎさん。こんばんにゃ。 
←これはタモリのオールナイトニッポンで
NHKのアナウンサーがこうしゃべったという話題のネタです。
アア、古き良き青春時代よ、ハナモゲラ。
「トータル」のエスカレーターのシーンの曲は全く記憶にありません。 あなたこそ、凄い音楽記憶力。
ゴールドスミスは現代のモーツァルト、チャイコフスキーですね。

投稿: スタンリー | 2007年9月23日 (日) 22時18分

お二人こそすごい記憶力!私なんて漠然と見てました、
お恥ずかしい限りです。

投稿: バルおばさん | 2007年9月23日 (日) 22時59分

パルさん。おはようございます。
「トータル」はあのテーマ曲と、
太ったオバハンがシュワちゃんに変身する部分
が記憶にあります。
シュワちゃんの眼ん玉が飛び出るのも印象ありますね。

投稿: スタンリー | 2007年9月24日 (月) 08時13分

スタンリーさん こんにちは。
私も「トータルリコール」のテーマ曲憶えてます。
…で太ったオバハンがシュワちゃんに変身する部分と
シュワちゃんの眼が飛び出るシーン妙に印象ありますね~

皆さんの音楽通、すごいですね。感動です!
これからもおじゃまして楽しませていただきます。
あと、もしご迷惑でなければ私のブログのリンク先に載せさせてください。よろしくお願いします。

投稿: kuro | 2007年9月30日 (日) 10時55分

kuroさん。ようこそ。
ゴールドスミスはいい曲たくさん作っていますね。
ジョン・ウィリアムズも大好きです。
「シンドラー」のピアノの楽譜がほしいです。
私はブログを初めて4ヶ月ですが、いまだに「お気に入り」のブログ先をどうやって貼り付けるかよく分からない。(笑)
方法が分かり次第、こちらのほうこそ、載せさせていただきます。

投稿: スタンリー | 2007年9月30日 (日) 13時14分

本当にそうですね。
ゴールドスミスもジョン・ウィリアムズどちらの作品も
映画に最高の色づけをしていて印象深いです。
スターウォーズ、E.T、オーメン……♪♪♪~
『シンドラー…』楽譜、良いですね~~!

あとリンクの件、ありがとうございます。
早速ブログに載せさせていただきました。

投稿: kuro | 2007年9月30日 (日) 15時13分

kuroさん。ありがとうございます。
ゴールドスミスは最近亡くなってしまって残念ですね。
ウィリアムズもそうですが、アコースティックな楽器を使っているのがいいんですね。 どうも電子音を多用した映画が苦手です。

投稿: スタンリー | 2007年9月30日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/8076176

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の好きなリズム:

» ★1982年の主要な作品(アカデミー賞主要部門等の受賞作以外) [中年映画館]
◆E.T. 監督:スティ-ブン・スピルバーグ※置き去りにされてしまったE.T.(地球圏外生物)が、10歳の少年エリオット(ヘンリー・トーマス)ら兄妹と知り合いになった。しかし、そこにNASAの追跡の手が及んでくる。宇宙人と地球人の心の交流をテーマにスティーヴン・スピルバーグ監督が描いた、映画史上に残るSFヒューマン・ファンタジーの大傑作。アカデミー賞では作曲・音響・音響効果編集・視覚効果の4部門受賞。出演者は他に、ディー・ウォーレス, ピーター・コヨーテ、ドリュー・バリモア。...... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 09時40分

« ゴジラ 対 メカゴジラ 1974年版 | トップページ | ゴジラ 対 メカゴジラ 1993年版 »