« 吉本新喜劇 | トップページ | 1941 究極のビル群ミニチュア撮影 »

ゴジラ × メガギラス

ゴジラ×メガギラス~G消滅作戦~〈通常版〉 DVD ゴジラ×メガギラス~G消滅作戦~〈通常版〉

販売元:東宝ビデオ
発売日:2002/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 2000年放映の作品である。 「ガメラ1999」以後の制作である。 相当気合が入っている。 まずミニチュアの造形が良くなった。建物のウェザリングもていねいであり、以前の箱を並べた感じは払拭された。ディテールにも神経を使ってある。(ゴミバコやテレビのアンテナ等) またビル群の夜のシーンでは、窓のあかりなどは、いぜん行燈方式だが、細かいライティングとなり、一部に生活感を感じる描写がある。

 ミニチュアの破壊は、ゴジラの手をかける随所に、細かく火薬をセットし、タイミングよく小爆発させ、その破片の飛び散り方も大げさでなく、自然に見える。

 カメラの高速回転が常に適切で、安定した巨大感を与えている。 過去の円谷特撮では、シーンによりカメラの回転が変化し、炎の燃焼にしても、あるカットでは速かったり、遅くなったり、またまったく通常の速度で回したりと、スケール感を混乱させる撮影をしたものだが、そういう間違いは無くなった。

 カメラのアングルも「神様の目」がすくなくなり、人の立った目の位置が多く、臨場感あふれるシーンが展開する。 これは全く平成ガメラの影響だ。

合成処理も前作より格段に進歩し、特にお台場の海上を進むゴジラと海の境目の部分はビリツキも無く自然である。 それは隊長がゴジラの背に飛び乗り、マーカーを発射するシーンでも発揮されている。

 残念なのは、スタジオ内での撮影が多く、照明ではどうしてもミニチュア感が出てしまうことだ。 やはり平成ガメラのように、屋外の太陽光での自然なライティングが、実写感を出すにはベストなのだが、予算・スケジュール的に問題なのであろう。今後期待したい。 ただし渋谷の水中の光の感じは良かった。 余談だが、渋谷を水攻めにしたのは、ガメラが渋谷を火炎地獄にしたライバル意識による反発か。

 CGでは子トンボ(メガニューラ)の大群がゴジラに襲う場面が、標準的だが、迫力があり、構図的にも見ごたえがあった。 しかし、静止衛星のDTの映像はアニメチックで実物感がない。

 さて、問題は物理的、工学的に説明が不足していることだ。

 まず戦闘機「グリフォン」。 東映系ヒーロー物の飛行体のようで、少々幼児っぽい。 その造りも材質が樹脂系で、飛行体としての剛性感がない。 動きも科学的、物理的に計算されたものでなく、マンガチックだ。 例えば、格納庫から出てタキシングし、一旦停止するが、その場合、ギアのサスペンションが沈み、機体が少しつんのめる演出をするべきだ。 あれでは子供がプラモデルで遊んでいるのと変わらない。これはもうセンスの問題だ。 

 それに加え、航空工学的にまた、あのスーパーXに匹敵する間違いをしている。エンジンが後部翼端に二つしかないことだ。 垂直上昇・ホバリンングにはバランス的に、胴体中央にもエンジンが必要なのではないか。こんなことは小学生にも分かることである。 その二つのジェット噴射の熱の揺らぎもキガンジマでのホバリングでは省略してあった。 ま これは単なるサボリであるが。

 もう一つ言いたいのは、モスラの頃から感じていることだが、何万トン?の飛行怪獣が空中静止しているときの周辺の描写が今回のメガギラスでも、なっていないことである。 スーパーXという飛行物体でもそうであったが、東宝のこれらの飛行体や生物は、宇宙人からもらった反重力装置により宙に浮いているのだろうか。 少なくとも円谷ラドンのころは、風圧で地上の物や人が吹き飛ばされていたはずだが。 撮影がむずかしく、ビジュアル的にも問題だとしても、1カットだけでもそんな描写を入れるべきである。

 さらに、静止衛星というものは、赤道のはるか高度上空にあり、故意に軌道が変えられたとしても、あのように都合よく日本に落下してくるだろうか。説明不足である。

 こんなこともあり、この映画は「ガ級」に今一歩及ばず。次に期待する。

 尚、この映画のエンドクレジットには特技監督という役職が消えている。

 

 

 

 

|

« 吉本新喜劇 | トップページ | 1941 究極のビル群ミニチュア撮影 »

特撮物」カテゴリの記事

コメント

このあたりのゴジラは未見なのですが、
だいぶ、「ガメラ」を意識しているみたいですねぇ。
特殊効果スタッフもだいぶ違うんでしょうね。
ちょっと前は川北サンなんかが主流だったような・・・

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年8月28日 (火) 10時51分

ぱんだうさぎさん。こんにちは。川北特撮では「カンヘッド」がいいですが、他はどうもね。 私も全部観ていないのですが時間のムダのような気がして。(笑) 先日「ゴジラファイナル~」を観ましたが内容、SFXともに大混乱でした。

投稿: スタンリー | 2007年8月28日 (火) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/7694710

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ × メガギラス:

» 防衛・軍隊 [防衛・軍隊]
防衛・戦闘機・軍事・軍隊 [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 11時58分

« 吉本新喜劇 | トップページ | 1941 究極のビル群ミニチュア撮影 »