« ヒコーキへの誤解 | トップページ | ゴジラ × メガギラス »

吉本新喜劇

吉本新喜劇 ギャグ100連発 2(野望編)-スペシャル版- DVD 吉本新喜劇 ギャグ100連発 2(野望編)-スペシャル版-

販売元:R and C Ltd.
発売日:2003/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本日TBS系列のTV番組は「世界陸上」特集で、他のレギュラー番組はほぼ全滅である。 陸上競技の好きな人にはたまらないであろうが、私はこういう長時間編成のものは、たとえ興味があっても見ない。 他局では24時間だの27時間だの日本人の大好きな「ガンバッテ」特集をこの時期放送するが、私はいつも反発したくなる。あんなもの観るもんか。

 あのせいで、いつも楽しみにしているレギュラー番組がつぶれ、一日の予定が崩れ、精神的に不安定となり、不眠状態に陥り、犯罪でも起こしかねない状況となる。 というのは冗談であるが、とにかく、ああいうものはせいぜい6時間程度にしてほしいものだ。

 土曜の昼といえば、私の幼稚園のころからテレビは「吉本新喜劇」である。 土曜日の学校は給食がなく、11時50分ごろには家に帰っている。そこでランドセルなどほっぽりだし、テレビのスイッチをゴツンと入れ、チャブダイの上で、トノサマラーメン(昔あったインスタントラーメン)など食いながら「ホーンワカワッカ、ホーンワカホーンワカ」のテーマ音楽を楽しみに待ったものである。 

 あの当時の喜劇役者は平三平、原哲男(カバ)、白木みのる、後から岡八郎(ヘンシーン、みなしごハッチ)などであった。 「てなもんや」のレギュラー陣である。また大阪で制作された「どてらいヤツ」にも出演していた若手連中がいた。 学校ではよく、平三平の足で投げキッスを「アッアッアッ」とにぎりつぶしたり、足のひざをポンと叩いて跳ね上げるまねをしたものである。

 さて最近の吉本は10年来から同じギャグを繰り返し繰り返し続けており、全くのワンパターンである。 視聴者もあきれかえっていて、投書にもよく書かれるが、それでもやっぱり観てしまうのですね。 安心感というか。

 たいていうどん屋や食堂が舞台で、たいてい4人の若い男女の客がいる。「このケツネおいしかったな」「勘定お願いします」、「はーい」、店員が出てくる。「あ お二人カップルですか」「かわいいですね」もうひとりを指差す「かわいくないですね」「何いうんですか」「すみません正直なもんで」、ブサイクが怒り出す「失礼ね、なんですかこの店」「かげつうどんといいます」「店の名前じゃないわよ」「ちょっと店の主人呼んでくださいよ」・・・・てなぐあいでレギュラー陣が拍手とともに出てくる。

 毎回ワンパターンにあきれながらも、やっぱりこうなるかと、期待の結果に納得しながら、ダラダラと観てしまうのですね。

 レギュラー陣の中、私が好きなのは安尾信之介で、「おじゃましますか?」の疑問符男である。彼は声もデカク、タイミングもうまい。

 みなさん職場や家で、「・・・・か?」をマネしていませんか? 「聞くなっチューノニ」 、「あ いまのはええんや」「ヤヤこしいな」。

 それに彼は、ハッキリ言って「ふふふーふふーふ」。

 「ハッキリ言えチューノニ」。

|

« ヒコーキへの誤解 | トップページ | ゴジラ × メガギラス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私のところも土曜日の昼からで、サッポロ一番みそラーメンを
食べながら観てました。笑
そういえば、あのころは中山美保がマドンナでしたから恐るべしですね。実は安尾は私も大好きで上記のギャグはサイコーですね♪“まてっコラー!”“あとでかけなおす”の携帯電話ギャグも好きです。あと辻本、鵜川のヤクザ3人組もいいですね。

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年8月25日 (土) 11時26分

ぱんだうさぎさん。いつもコメントありがとうございます。トノサマラーメンは会社が倒産したので、その後、私もみそラーメン党になりました。 中山美保がマドンナだったことは気がつきませんでした。記憶力はサスガですね。私は生気を吸い取られたのかもしれません。 「あとでかけるから」の安尾も愉快。 三人組のローテーショントークと「ウエストサイド」のギャグも飽きたけど笑えます。 鵜川をからかう「みどりーのなかをはしりぬーけてゆく真っ赤なヒョットコ」 もスナックでやるとウケますね。

投稿: スタンリー | 2007年8月25日 (土) 21時19分

すごい!地域限定だわ(笑)。
吉本新喜劇は私の若い頃は(て、いつ?)あまり関東では
放送されてなかったような…。
でも平三平以外は知ってますよ。あの奥目は強烈でした。

投稿: バルおばさん | 2007年8月25日 (土) 23時26分

すいません、書き忘れです!
奥目は岡八郎の名が抜けてました。
おばさんだから、許してね♪

投稿: バルおばさん | 2007年8月25日 (土) 23時28分

パルさん。コメントありがとうございます。「吉本新喜劇」が関東地域で放送されたのは随分後なんですね。たぶん漫才ブーム以後だと思います。私のいる中部地方では関西圏に近いので、大昔からおなじみです。 だから関西弁はマカシトキナハレ。 奥目のハッチャンの定番ギャグ「くっさー」もよく学校でやりました。

投稿: スタンリー | 2007年8月26日 (日) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/7665290

この記事へのトラックバック一覧です: 吉本新喜劇:

« ヒコーキへの誤解 | トップページ | ゴジラ × メガギラス »