« ゴジラ × メガギラス | トップページ | RIGHT STUFF ライトスタッフ »

1941 究極のビル群ミニチュア撮影

 この映画はスピルバーグの失敗作として広く認められている。 ギャグはほとんどカラマワリで、シラーとしてしまう。 家が崖から崩れ落ちるシーンもさっぱり笑えない。

 しかし、ミニチュア撮影に目が行ってしまう私としては、捨て置けない映画なのだ。 まず霧にかすむロスの夜のビル群がすばらしい。空気感がある。 道路の汚れ、ビルのコンクリート感もよくできている。なによりも灯かりの細かな気配り。 あれはもう、都市としてのミニチュアセット表現の最高傑作ではないか。

 そのビル群に挟まれた道路を、カメラは動く車のシートに座った位置で撮影する。 微妙なカメラの揺れで車の振動を再現し、それは実写映像そのものである。 ほとんどの人はミニチュアと気づかなかったのではないか。 

 ビル群を制作したのはグレックジーンで「未知との遭遇」のマザーシップを制作した人である。あの細かい気配りには脱帽である。 しかも予算的、時間的に制約があり、一部にダンボールを使用して造ったということだ。ま 怪獣映画のように破壊がないので、それも可能だったわけだが、あれが紙に見えますか。

 私がミニチュア特撮のビル群の出でくるシーンを観る場合、スタンダードとしているのは、この映画である。 だから日本の物で、「ガ級」以前によくある、穴の開いた行燈方式で窓を発光させた、箱を並べたような出来の悪いビル群や、夜のシーンで、ガスッていない、スタジオの空気を感じてしまうような撮影を見ると、怒りすら感じる。 

 「これで本物に見えるか」、 「さぼってんじゃねーよ」。

 この映画がさらに凄いのは、そのビル群の間を飛行機が飛び、クルッと回転(エルロンロール)させてしまうことだ。 そのワイヤーワークの操演テクニックも日本のお家芸を凌駕している。

 ただしこの映画のDVDはレンタルショップにも見当たらない。いやDVD化されていないかもしれない。もう一度確認したいのだが。

|

« ゴジラ × メガギラス | トップページ | RIGHT STUFF ライトスタッフ »

特撮物」カテゴリの記事

コメント

さすが。スタンリーさん!よく観てらっしゃる。
そんなにミニチュアの精度が高かったとは・・・
わたしは、はじまってからずっと“どうしたんだ!スピさん”
“なんで出たんだ!世界のミフネ”と、あぜんとしながら
観てましたので、全くそのへんは気付きませんでした。笑

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年8月30日 (木) 00時11分

ぱんだうさぎさん。こんにちは。 観覧車がコロがって海に落ちるシーンも日本の特撮マンがやったら下手でしょうね。たいして大きくないミニチュアなのに迫力があります。三船はこの映画で頭にきて、スターウォーズのオファーをけったみたいですね。

投稿: スタンリー | 2007年8月30日 (木) 17時21分

私はこの映画、映画館で見ましたが、客の入りも良く、ウケもよかったのを思い出します。私は個人的に大好きなコメディ作品です。
音楽も「1941のマーチ」も名曲で、最近では日テレ「世界まるみえテレビ」でよく使われていましたね。
乱闘シーンのBGMはビッグバンドジャズのスタンダードのパロディーだったりして面白さ倍増だったのですが・・
どうもスピルバーグは自らのフィルモグラフィーから抹消したいみたいで、NHKで放送された「スピルバーグ自らを語る」では、陰も形もありませんでした。
>>この映画がさらに凄いのは、そのビル群の間を飛行機が飛び・・・
そうそう!その下をミニチュアカーがガンガン走っていましたよね!凄かった!!

投稿: ぴろQ | 2007年8月31日 (金) 09時57分

ぴろQさん。いつもありがとうございます。BGMがパロディーになっていますか。あなたの音楽ボキャブラは凄いですね。私は全然分かりません。ただパンチのあるミュージックなのは記憶にあります。NHKの監督ヨイショ番組、私もビデオに撮りましたが、たしかに1941はとりあげなかったみたいですね。 ビル群の道路に車も走っていました。道路が雨でぬれていたような。細かい演出ですね。

投稿: スタンリー | 2007年8月31日 (金) 17時37分

>>あなたの音楽ボキャブラは凄いですね。
ハハハ!
もっと素直に書きましょう!
乱闘シーンにかかっていた音楽はビッグバンドジャズのスタンダード曲のパロディで「Swing, Swing, Swing 」(殴れ、殴れ、殴れ)と言う意味です。
原曲は・・最近では日本映画「スィングガールズ」で聞けます。
聞き比べたら面白いですよ!

↓試聴もできます
http://www.amazon.co.jp/1941-Original-Motion-Picture-Soundtrack/dp/B00000151M/ref=pd_sbs_d_2_img/249-3530085-0204351


投稿: ぴろQ | 2007年8月31日 (金) 22時51分

ぴろQさん。おはようございます。「スィング~」なら、なんとなく聴いた記憶があります。あれは殴れという意味ですか。映画「スィングカール」は評判になった作品ですね。良い情報ありがとうございます。

投稿: スタンリー | 2007年9月 1日 (土) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/7725662

この記事へのトラックバック一覧です: 1941 究極のビル群ミニチュア撮影:

« ゴジラ × メガギラス | トップページ | RIGHT STUFF ライトスタッフ »