« 身の毛もよだつアシュケナージの演奏 | トップページ | Doppelganger 決死圏SOS宇宙船 »

月影兵庫

 テレビ朝日で「素浪人月影兵庫」がスタートした。 50年つづいた時代劇ドラマはこれで一旦終了するとのこと。 残念ですがごくろうさまでした。 

 撮影はフィルムを使っていて、やはり色合いがいいですね。それから、VTRカメラよりこちらのほうがレンズがいいのではないか。 特に望遠で味がある写真でした。 映画だと、日本でも30年位前からパナビションのカメラですが、テレビ映画でもそうであろうか。 

 やっぱり時代劇はフィルム撮影ですよ。 アメリカだとTV「スタートレック」でもパナビジョンのフィルム撮影ですから。 テレビ朝日さん。いつか時代劇をスタートしても、まちがってもVTR収録はやめてね。

 40年前、半次役の品川隆二さんはナレーション担当で、本編にもカメオ出演していました。なつかしい。 やっぱりいいおじいさんになっていましたね。 ボンカレーのCMに出ていたころはまだ若いお父さんという感じでしたが。

 松方弘樹さんは、お父さんよりは、まだまだ貫禄負けしていますな。 確かにそっくりだけど。 近衛十四郎さんは、日本一殺陣のうまい人だと聞きましたが、「座頭市」に出ているのを観ると、確かに華麗な立ち回りですね。

 40年前のこのドラマでは、兵庫は猫ぎらいで、半次は蜘蛛嫌いだったようですが、ちょっと変えてありますな。 なにもかも昔と同じでなく、ある程度イメチェンを図ったのでしょう。

 私の記憶では、兵庫はアル中でもあったようですが、あれは花山大吉のほうでしょうか。セリフのしゃべり方も、いかにも酒好きのような舌がもつれた感じでしたが、あれは地のしゃべり方か。 「このバカタレが」というのを覚えています。 

 なにせ私の小学生3年頃のことです。 私はたしか午後4時代の再放送で観ていたと思います。 宿題なんかしたるかい。

 必殺シリーズもテレ朝さんでしたでしょうか。 くどいようですが、光と影の時代劇は、絶対フィルム撮影です。 東映撮影所とIMAGICAのみなさん、これからもいい写真みせてね。

 

|

« 身の毛もよだつアシュケナージの演奏 | トップページ | Doppelganger 決死圏SOS宇宙船 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

月影兵庫、花山大吉は私も再放送で午後4時から(笑)観てました。確かに近衛十四郎さんの殺陣はシロート目にも素晴らしかったですね。半次は花山大吉でも蜘蛛嫌いでしたね。
大吉はおからが大好きで、しゃっくりが出ると酒を飲んでおさまったり・・・なつかしいですねぇ。
品川隆二さんはお元気でしたか、それは観ないといけませんね。
ところでスタンリーさん、よろしかったら私のブログにリンクを
貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
ご返事のほうお待ちしております!

投稿: ぱんだうさぎ | 2007年7月21日 (土) 12時32分

ぱんだうさぎさん。いつもコメントありがとうございます。 リンク大歓迎です。 どうぞよろしく。 花山大吉はシャックリが出ると酒を飲んだんですね。あれが禁断症状ですか。 ところで出演した女優さんの記憶がありません。 松山容子さんだったけな。 「おせん」と混同しているかもしれません。

投稿: スタンリー | 2007年7月21日 (土) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/7215085

この記事へのトラックバック一覧です: 月影兵庫:

« 身の毛もよだつアシュケナージの演奏 | トップページ | Doppelganger 決死圏SOS宇宙船 »