« Driving Miss Daisy | トップページ | 2001年宇宙の旅 TMA-1 »

赤線地帯

 溝口健二監督最後の作品である。 赤線という外からみれば華やかに見える世界をカラーでなく、白黒で撮影したのは、何か意味のあるところである。 実際、話の内容は、全く暗いものだ。 しかし、若尾文子扮する女性は、したたかで、前向きである。 また奔放な京マチ子(ミッキー)にも責めるものは何もない。結局、男と戦争と貧困と法律が彼女たちを苦しめている一方、彼女たちも相乗りしているのだ。

 と、書いてしまったが私は良く分からない。売春防止法が昭和33年に施行されるちょっと前の話であるが、この法律の意義も分かるし、この法律を断固阻止したい売春宿の主(新藤英太郎)の言っていることも筋が通っている。その女房(沢村貞子・・・うまい演技!)も「この商売が悪いことなら400年も続くわけがない」と、顔なじみの巡査にグチをぶつける。 その巡査でさえも売春宿の立場や店で働く彼女たちに同情的態度である。 

 だが、店で働く、亭主のいない年増の女性(三益愛子・・・うまい!)に、もう社会人となって働いている息子がいて、母親の仕事に嫌悪感を抱いている。 当然な話である。結局、この母親は息子に見放されたことで、精神に異常をきたしてしまう。 悲劇である。

 また別の女性は売春宿から夜逃げをし、好いてる男性の元へ走るが、結局、つらい労働や主婦家業よりは、宿にいて、気楽に男の相手をしたほうが良いと舞い戻ってくる。 これもまた救われない話である。  

 映画を観ている我々はどうしていいか分からない。 

 結局最後のシーン。借金のため地方から、店に奉公に来た(つまり売られてきた)まだ十代そこそこの子が始めて客を呼ぶところで映画は終わる。 この女の子は自分の運命を悟り、柱に隠れながらも、弱弱しい声で客を呼ぶのだ。

 さあ観ている男性のあなた。 どうしますか。 というわけである。

 やっぱりどうしていいかわからんね。

 溝口監督の脚本というと、依田氏が多く係っているが、この映画は違う。どういう事情でそうなったかは知らない。 依田氏によると溝口監督というのは、個人的感情では、全くケシカラン人間であるということである。 脚本の書き直しでは、相手のプライドなど完全に無視する人であるらしい。 また役者さんのひとりが、役作りのために意を決して歯を1本抜いてくると、「もっと抜いたほうがいいですね」とさらりという人である。

 ちなみに「スターウォーズ」のヨーダは依田氏の名をとったとのことであるが、ほんとうかどうかは定かでない。それだけ溝口作品は海外の映画作家に影響を与えている。

 溝口監督の映画技法では、1カット長回しが有名であるが、この作品はあまり意識できなかった。 思うにモンタージュ技法とか、1カット長回しとか、見ている観客にはどうでもいいことではないか。 心に焼きつくか、そうでないかの問題である。 カメラのマガジン1本(10分位?)を止めずに使いきってそのシーンが有効に作品に反映できれば、それで結構なことだ。

 この映画で役者さんは、シボラレタだろうか。溝口監督は演出をしない人である。 「あなたはプロなんだから言わなくても分かるでしょう」とくるのだ。 それなのに演技にダメ押しをする。何が悪いかも言わない。何も言わずNGを繰り返し、消える前のロウソクが明るく輝くかのように、役者が最後にふりしぼった演技を待ってOKを出すのだ。 撮影現場の鬼である。 溝口監督の映画を観ると、時々俳優の演技に鬼気せまるものが感じられるのはそのせいである。

 しかし、この映画では、それを感じられなかった。 ひょっとして監督自身、これが最後の作品になることを無意識に感じていたのかもしれない。 なにか急いでいたか、疲れていたのか、すぐOKを出したのかもしれない。 実際は知らないが。

 若尾文子さんはこの映画の撮影当時まだ20歳前後だと思うが、もう熟女的に演技をしていて、うまいですね。 いや昔の女優さんというのは、10代でも大人びていました。 それにひきかえ今の映画にも出る女性タレントといったら、30歳前後でもまるでガキンチョですな。 まともに演技の勉強もせず(その時間を与えない)、バラエティー番組なんかでチヤホヤされるからああなるのです。  井筒監督、 鍛えてやってね。

 木暮実千代さんは、どちらかというと男を手玉に取る悪女や高慢な女を演ずることが多いが、この映画では、まったくかわいそうな境遇の女です。 この映画のちょっと前に演じた「宮本武蔵」の吉野太夫とのギャップがすごい。彼女にとっても、イメージ挽回になるいい役柄ではなかったか。

 京マチコさんのセリフ、「八頭身やで」が時代を思わせる。 彼女の身の振る舞いは、もとダンサーであることがチラット伺われる。

 黛敏郎さんの音楽は、もうオバケ屋敷の効果音である。あんなユニークな映画音楽は初めてです。

  

 

 

|

« Driving Miss Daisy | トップページ | 2001年宇宙の旅 TMA-1 »

日本映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412224/7157155

この記事へのトラックバック一覧です: 赤線地帯:

« Driving Miss Daisy | トップページ | 2001年宇宙の旅 TMA-1 »