CB1100、2018年初離陸

CB1100、NO,43
2018年、4月21日土曜日、CB1100を今年初めて走らせた。
 一冬寝かせていた小屋から引っ張り出して、まずペーパーワックスでタンク、メッキ部分、ホイールの汚れを拭き、乾いたタオルで磨いてピッカピカにして待機。
 バイク装束は気温20度前後対応の上下厚めの防寒長袖下着にライジャケ、シーンズ。これがちょっと後で誤判断だったと後悔する。
 離陸は午前11時。またがってセルスターター一発で始動。あたりに4発マフラーのサウンドを響かせる。住民にはこの重低音は不快な音と聴こえるだろうから、暖気運転もせず即発進。本通りの交差点信号まで1キロほど下り坂で、その間にエンジンは低回転・低負荷状態で暖気運転が完了するのでノープロブレム。長い時間の暖機運転や空吹かしなど、周りが迷惑するばかりでなく、EFIエンジンには無意味な行為である。
 丸1年オイル交換していないのにエンジンは全く快調で、ギアもスムーズに変速できて、ニュートラルも難なく入る。オイルが劣化しているのには間違いないのだが。ま、2時間のお散歩なので気にしない。
 目的地は特にないが、いつものコースにハンドルが向く。それは飛騨市数河峠経由、飛騨市神岡方面。
P4210002_convert_20180422091833
↑道の駅モニュメント
 数河峠11時半通過で道の温度計は23度であったが、神岡町道の駅近くの温度は28度だった。これは丁度2年前の同時期の体験とまったく同じ状況。バイクから降りてジッとしているとフェーン現象でとにかく暑い。実は手前ふもとの古川町を走行中でもちょっと暑いなと感じていた。全国的に高温だったが、この日の神岡の最高気温は31.4度だった。驚き。
52051
↑この日の神岡町アメダス。31.4度は14時すぎに記録したらしい。すると最低気温と最高気温の温度差がとなんと25度もある。これは全国でも一位の温度差記録ではなかったか。
 道の駅はお昼時でけっこう賑わっていた。自分はツーリングではコークの自販機でダイエットコークのボトルを飲むのが習慣であったが、なんとこの日には自販機は撤去されていた。自販機は峠の茶店にもあるので、そこめがけてリターン再発進。
P4210005_convert_20180422091930
↑、流葉では八重桜満開。
 峠でコークを飲んだ後、再び神岡方向に降りて、今度は山田から神原峠へと向かう。山田の街道には時々レーダーが張っているので、制限速度プラス8キロで走行。が今回はやっていなかった。思うに、土日は取締はあまりやっていないようだが。そのかわり白バイはよく見る。
 神原峠手前では事故処理中で、救急車が発進する間際であった。ハーレーが2台停止していたので、車とバイクがらみの事故らしい。ライダーが軽傷であることを祈る。
 一方、こちらは無コケ、無違反、無事故で帰ってこれた。有難い。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ショパン、マズルカOP24-1